新型コロナ

オミクロン株…!? それって怖いの〜??

https://tomoko-medical.com/wp-content/uploads/doctor-icon2-300x300.png
ともこ

みなさん、こんにちは^ ^

日本では、経済活動も少しずつ戻ってきている中、世界では、少し皆さんが不安になるようなニュースがピックアップされてますね。

ここ数日必ず目にするWord…「オミクロン株」!!

これ、何者なの?
えっ、また新しい株?
どうなるの?
どんな症状?
ワクチン効くの?
どうしたらいいの?

…いろんな、疑問が頭をグルグルすると思います。

この新しい変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、政府は全世界を対象に外国人の新規入国を原則禁止する措置に、踏み切りました。

私の友達は、年末、海外で活躍されている旦那様が帰国してくるということで、家族全員で首を長〜くして待ってました。
やっと、帰ってこれる〜と思ってたら、またこんな状況に。

本当に、早く、何も気にせず、家族や大切な人の側に行けるような、そんな世の中になって欲しい…と、誰もが思っていると思います。

オミクロン株の国内感染例は確認されてませんが、国立感染症研究所が、リスク評価を引き上げ、11月29日に株価が大幅続落するなど、警戒感が急速に高まっております。

この素早い対応に、もちろん、賛否両論あると思いますが、感染者が減ってきている、日本で感染爆発をおこさないための、政府が行った水際対策であります。
「我が国も最悪の事態を避けるために、緊急避難的な予防措置を取る」と、説明されてます。

そんな中、どのような対策をとっていくことで、この新しい「オミクロン株」と向き合っていくことができるのか、考えてみました^ ^

報道では「隣の部屋に居ただけで感染!」「感染力強い」「強い倦怠感がでる」などと、言われてます。
私も含め、誰もが不安になりますよね?
このウィルスは何者だと…

私達が今、できることは、なんでしょうか??

人のくしゃみなどによる飛沫は2m飛びます。
飛沫感染対策&空気感染対策、両方を考えても、やはり、基本的には、鼻までしっかり覆ったマスク装着が有効な対策になってきます。

ウィルスが、テーブルや椅子などに付着している可能性もあります。マスクの外側にも、ウィルス付着の可能性もあるので、耳にかけている紐を持って、着脱してくださいね^ ^、
ものを口に運ぶ時はもちろん、こまめな手洗い➕手指消毒は引き続き有効です。

あとは、三密を避ける…
年末イベントや、正月の買い物など、人混みをさけてください。上手にネット通販や宅配サービスを使うのもいいですね^ ^

あとは換気も重要です。
厚生労働省は1時間に2回以上の換気を推奨しております。
寒い時期ですが、こまめに窓を開けて、空気の入れ替えを行ってくださいね^ ^

「ワクチンは効くの〜?」など、不安な声もあるとおもいますが、まだ現段階では十分な情報が少ない状態です。

オミクロン株の存在を最初に特定した南アフリカ共和国の科学者らは、オミクロンの感染力は強いと指摘しているが、それでも、既存のワクチンが重症化を防ぐ可能性は高いとしております。

世界中では、わが国の感染対策に対する意識は非常に高いと評価されております。
これは、こまめな手洗い、マスク装着など、国民全体で取り組めているという評価であります。
これは、感染拡大を防ぐ大切なことになってきます。

何者かわからず、不安なのは当たり前だと思います。
変異株に対して、過剰に恐れるのではなく、引き続き感染対策を行いつつ、日々の生活を送っていけたらと思います^ ^

当院では、Instagram (@tomoko_pcr)はじめました♡

当クリニックでの取り組みなど、色々アップしてます^ ^

不安なことなどあれば、コメントいただければ、回答させていただきます。
是非フォローお願いします^ ^

関連記事