新型コロナ

大切な人を守る^ ^ コロナを寄せ付けない感染対策!

https://tomoko-medical.com/wp-content/uploads/doctor-icon2-300x300.png
ともこ

みなさん、こんにちは^ ^

緊急事態宣言も解除となり、今までの自粛疲れもあり、少し羽根を伸ばしたい気分になると思います。
ハロウィンは終わりましたが、クリスマス、忘年会、お正月、とイベントオンパレードとなっておりますね♡
大切な人と、楽しいイベント、過ごしたいですよね。
なら、大切な人も自分自身も、ウィルスから守りながら、上手にイベントを楽しめると、最高ですよね♡

大人から子供、どんな職種であっても、人なんですから^ ^
ストレスは溜まります。
これは当たり前のことです。

なので、羽を伸ばしたい方々のためにも、感染対策をしつつ、イベントなどを楽しむために、今回はコーナーを作りました。

名付けて…

「大切な人を守る^ ^
コロナを寄せ付けない感染対策!」

と、ネーミングいたします。
よろしくお願いします。

感染経路 咳や会話によって生じる「しぶき」を吸うことによる飛沫感染が主体で、ウイルスの付着したものに触れた手で口・鼻・目を触ったりすることによる接触感染もある。換気の悪い環境では、咳・くしゃみ等がなくても感染(空気感染)すると言われている。
潜伏期間 1〜14日、平均5日程度。
感染力のある期間 発症の2日前から、発症後7〜10日間程度。感染力は発症直後に最も強く、発症後8日で大幅に弱まる。
季節性 従来のコロナウイルス感染症は、温帯地方では冬季に流行するとされるが、COVID-19に関しては不明。

上記に示した表は、新型コロナウィルスの感染経路となります。
そこからも、わかるように、色々な感染経路があります。
例えば、接触感染で言うと、最近気になるのが、マスクを触る行為、です。
マスクがズレてしまうと、思わず顔を覆っている部分を触ってしまいますが、それは間違いなんです。
マスクの表面にはたくさんの菌やウィルスが付いてます。
例えば、周りがマスクをつけていても、鼻が出ているとどうでしょうか。くしゃみや鼻水などがマスクに付着している場合、それを触ると菌やウィルスが手に付着してしまいます。
その手で、机や椅子を触ると、その机や椅子を他の人が触ることで、さらに感染が広がります。
これが、密閉した換気の悪い場所であれば、空気中に菌やウィルスが浮遊しています。なので、換気回数を毎時2回以上を推奨しております。(厚生労働省HPより)
マスクを、どうしても触りたい時は、耳にかけている紐の部分を持ち、外す方法がおすすめです。そうすることで、菌やウィルスが付着している部分を触らずに着脱が可能です。

あとは、手指消毒です。

方法 モノ 手指 現在の市販品
薬機法上の整理
水及び石鹸による洗浄
熱水 ×
アルコール消毒液 医薬品・医薬部外品(モノへの適用は「雑品」)
次亜塩素酸ナトリウム水溶液(塩素系漂白剤・ハイターなど) × 「雑品」(一部、医薬品)

スーパーなどの商業施設や娯楽施設には消毒液が置いていることが多いですが、何かをするとき、した後には、必ず手指消毒をする〜一行為一消毒〜が、ポイントになると思います。特に、口にものを運ぶときには必須ですし、出来る限り外出時、十分な消毒ができない時は、手掴みで口にものを運ぶのは危険です^ ^

私の場合、小学生の子供がいるので、特にですが、携帯型の消毒液を持ち歩いてます。
そぅすることで、こまめに消毒でき安心して外出できます。

少し感染経路や消毒について、知識があると、安心してストレス発散&イベントへ参加ができますね。参考にして楽しんでもららえればと思います。
しかし、人混みは換気ができないので、注意してくださいね。

関連記事